Home お知らせ
NCGT - About us 日本語版バックナンバー
Googleサイト内検索 編集委員会と購読先

English page is here.
If you want to read the Japanese version of the NCGT Journal(NCGTJ), click here.



NCGT Japanese Journal/Newsletter (NCGT-J)
-日本語版NCGTジャーナル/ニュースレター-
国際オンラインジャーナル

『グローバルテクトニクスの新概念』
■ISSN-L 2186-8743 ■Online Edition: ISSN 2186-8743
■Print Edition:  ISSN 2186-9693

Updated: 2022/07/26


おしらせ

2023年12月6日

NCGT Journal V.10 No.2 の日本語版を発行しました.

 日本語版 NCGT Journal V.10 No.2 が発行されましたので,会員の方は閲覧してください.
 現在,V.10 No.3 の日本語版を鋭意作成中です.

 非会員の方は,過去2号までの号を閲覧可能ですので,閲覧できる号はV.9 No.4 までとなります.ぜひ,ご覧ください.

 なお,英語版は V.10 No.4 まで出版されています.英語版の最新号とバックナンバーこちらです.



▲TOP
NCGT(New Concepts in Global Tectonics)Group について

NCGT発足の経緯,そのテーマと目的の詳細については,
NCGT NewsLetter 創刊号(日本語版英語版),
NCGT Journal 創刊号(日本語版英語版(部分)
をご覧ください.


 NCGT(New Concepts in Global Tectonics)Group は,1996 年に,中国北京での第30回万国地質学会で開かれた「プレートテクトニクスに代わる理論(Alternative Theories to Plate Tectonics)」シンポジウムを契機に,そのテーマを継続的に議論するために下記の目的で結成された研究組織です.

 これまで,オーストラリア,インド,アメリカ合衆国,ロシア,オランダ,イタリア,ノルウェー,ギリシャ,日本など,世界各国の研究者によって,65 巻のニュースレター(NCGT(New Concepts in Global Tectonics)Newsletter)と7巻を越える季刊ジャーナル (NCGT Journal (An international journal for New Concepts in Global Tectonics = グローバルテクトニクスの新概念 ジャーナル) での議論を中心に,さまざまな議論が活発に交わされています.

 また,1998 年には日本の筑波において,2004 年には米国コロラド州ラフンタ(La Junta)において,国際シンポジウムが開催されました.

 なお,NCGT(New Concepts in Global Tectonics = グローバルテクトニクスの新概念)の名称は,1989 年の米国ワシントン D.C.での第28回万国地質学会で開かれたシンポジウムのタイトルに由来しています.

▲TOP
NCGTの活動目的

 NCGT Group は,以下を目的として活動しています.
NCGT Journal/Newsletterについて

▲TOP
日本語版 NCGTジャーナル/ニュースレター 『グローバルテクトニクスの新概念』
■Online Edition: ISSN 2186-8743   ■Print Edition:  ISSN 2186-9693

日本語版最新刊の2号前以前のバックナンバー

 NCGT Journal/Newsletter の最新刊とそれ以前のバックナンバーは,議論の中身を広く知っていただくために,全文を公開しています.英語版の最新刊及びバックナンバーは
こちらです.
日本語版の場合には,日本語訳・編集の都合上,英語版に遅れて,最新刊の2号前以前のバックナンバーを公開しています.




日本語版 NCGTジャーナル/日本語版 NCGT ニュースレター
最新刊の2号前以前のバックナンバー キーワード Google 検索



リンク無しの,白文字は英語版未刊行, 薄青色文字は日本語版未刊,
黒文字は日本語版最新2刊です.

NCGT Journal 2023, Vol.11
no.4 (2023/12) no.3 (2023/09)
no.2 (2023/06) no.1 (2023/03)
NCGT Journal 2022, Vol.10
no.4 (2022/12) no.3 (2022/09)
no.2 (2022/06) no.1 (2022/03)
NCGT Journal 2021, Vol.9
no.4 (2021/12) no.3 (2021/09)
no.2 (2021/06) no.1 (2021/03)
NCGT Journal 2020, Vol.8
no.3 (2020/12) no.2 (2020/09) no.1 (2020/05)
NCGT Journal 2019, Vol.7
no.3 (2019/12) no.2 (2019/06) no.1 (2019/03)
NCGT Journal 2018, Vol.6
no.4 (2018/12) no.3 (2018/09)
no.2 (2018/06) no.1 (2018/03)
NCGT Journal 2017, Vol.5
no.4 (2017/12) no.3 (2017/09)
no.2 (2017/06) no.1 (2017/03)
NCGT Journal 2016, Vol.4
no.4 (2016/12) no.3 (2016/09)
no.2 (2016/06) no.1 (2016/03)
NCGT Journal 2015, Vol.3
no.4 (2015/12) no.3 (2015/09)
no.2 (2015/06) no.1 (2015/03)
NCGT Journal 2014, Vol.2
no.4 (2014/12) no.3 (2014/09)
no.2 (2014/06) no.1 (2014/03)
NCGT Journal 2013, Vol.1
no.4 (2013/12) no.3 (2013/09)
no.2 (2013/06) Appendix no.1 (part 1, 2) (2013/03)
▲TOP

NCGT News Letter no. 1 - 65
No.65 (2012/12) No.64 (2012/09) No.63 (2012/06)
No.62 (2012/03) No.61 (2010/12) No.60 (2010/09)
No.59 (2010/06) No.58 (2010/03) No.57 (2010/12)
No.56 (2010/09) No.55 (2010/06) No.54 (2010/03)
No.53 (2009/12) No.52 (2009/09) No.51 (2009/06)
▲TOP
No.50 (2009/03) No.49 (2008/12) No.48 (2008/09)
No.47 (2008/06) No.46 (2008/03) No.45 (2007/12)
No.44 (2007/09) No.43 (2007/06) No.42 (2007/03)
No.41 (2006/12) No.40 (2006/09) No.39 (2006/06)
No.38 (2006/03) No.37 (2005/12) No.36 (2005/09)
▲TOP
No.35 (2005/06) No.34 (2005/03) No.33 (2004/12)
No.32 (2004/09) No.31 (2004/06) No.30 (2004/03)
No.29 (2003/12) No.28 (2003/09) No.27 (2003/06)
No.26 (2003/03) No.25 (2002/12) No.24 (2002/09)
No.23 (2002/06) No.22 (2002/03) No.21 (2001/12)
▲TOP
No.20 (2001/09) No.19 (2001/06) No.18 (2001/03)
No.17 (2000/12) No.16 (2000/09) No.15 (2000/06)
No.14 (2000/03) No.13 (1999/12) No.12 (1999/09)
No.11 (1999/06) No.10 (1999/03) No.09 (1998/12)
No.08 (1998/09) No.07 (1998/06) No.06 (1998/03)
No.05 (1997/12) No.04 (1997/09) No.03 (1997/06)
No.02 (1997/03) No.01 (1996/12)  


▲TOP

 NCGT Journal の編集委員会
編集長:Louis A. G. HissinkAustralia
編集委員:Bruce LEYBOURNEUSA
Giovanni P. GREGORIItaly
Yoshihiro KUBOTAJapan
Per MICHAELSENMongolia
Lev MaslovUSA

▲TOP
 NCGT Journal日本語版の購読申し込みについて

NCGT Group の発行する NCGT Journal の日本語版を購読することができます.
購読の申し込みは,下記までお願いします.

金井克明
 〒942-0411 新潟県上越市安塚区安塚982
 Tel・FAX:025-592-2046
 E-mail user name:kanai-jy
 E-mail domain name:joetsu.jp
 ≪両方を半角アットマーク(”@”)で繋いでメールアドレスにしてください.≫



SUBSCRIPTION to
the Japanese version of
the NCGT Journal

If you want to read the Japanese version of the NCGT Journal, please make a contact to bellow;

Yoshiaki KANAI
 Yasuzuka 982, Joetsu, 942-0411Japan
 Tel/FAX:+81-25-592-2046
 E-mail user name:kanai-jy
 E-mail domain name:joetsu.jp
 (Connect the username and the domainname with '@'(atmark)
to generate the correct e-mail address)
▲TOP
© NCGT Group. All rights reserved.